Buku harian(日記) BALI 2006 『人との縁』

バリ島日記第6弾は、ちょっと話が飛んでしまうのですが、
今回会うのを楽しみにしていたのに会えなかった友達のお話です。

-------------------------------------------
ここ数回、バリへ行っても、
海で泳ぐことがあまりなかったのですが、
今回久しぶりに行ってみようということに。

彼は前にプロサーファーからサーフボードを買っていて、
日本には持ち帰らずにバリの友達に預けていました。
で、そのボードを取りに友達のアパートに行ったのですが、
部屋をノックしてみたけど居ない。
そこへ、前にも会ったことのあるご近所さんが来て、
話を聞いてみると、
友達はここを引き払ってしまって、今は実家にいるという事でした。
何かちょっとそんな予感はしてたけど、やっぱり。。

ボードは、ビーチにいる友達に借りることは出来るから問題はないけど、
聞いていた携帯に電話をかけてみても、
今は使われてなくて・・・
実家には行ったことはあるけど、
レギャンからは遠くて、しかも道がわからないし、
探してみる時間もない。
もう後は、向こうからの手紙を待つしかありませんでした。

でも、家は引っ越したので、
転送期間である1年以内に手紙が届かなければ、
もう一生会えないかも知れない。
縁があればきっと連絡がある筈と信じ、
手紙が届くことを祈ってました。


そして、先日届いたんです!
レギャンでの仕事がなくなり、3ヶ月前に実家に帰ったこと。
ボードは実家に持って行って今もちゃんとあるから安心してほしいということ。
いつバリに来るのか、会いたい など...
色々書かれてました。
大事に思ってる友達だから、
このまま会えなくなってしまうのは辛かったので、
ホッとしたし、すごくすごく嬉しかったです!

画像


携帯番号も書かれていて、
この間かけた番号は同じ名前の他の人のだったらしく、
間違えてたこともわかり、
実家の連絡先も書いてあったので、
今回は残念ながら会えなかったけど、
次は会うことが出来るでしょう☆

-------------------------------------------

信じていれば、縁があれば、
思いは通じるんだね!
本当に本当に良かった(*´∇`*)

返事書かなきゃっ!!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック